ハイドロキノンで乳癌の抗がん剤による色素沈着の治療を

乳癌などの治療方法に用いられる抗癌剤は、乳癌細胞の様に細胞分裂の速い細胞に作用し易い特徴があり、皮膚を構成する組織の中で新陳代謝の盛んな表皮の基底層に作用し皮膚の再生能力を著しく低下させます。
皮膚は、紫外線などの外部刺激や細菌などに対する防御機能、皮脂腺と汗腺などの働きが著しく低下し、乾燥性皮膚炎やメラノサイトの増殖、指先や爪の硬化などの副作用が発現します。
一般的に皮膚の新陳代謝は、骨髄や粘膜などに比べて新陳代謝が遅い為に、乳癌の抗癌剤治療終了から数カ月で徐々に元に戻るとされていますが、乳癌の治療方法の副作用とは言え、顔の黒ずみやシミは女性にとって大きな問題です。
一般的に顔の黒ずみやシミの治療方法としては、ビタミンC誘導体やハイドロキノン、トレチノイン酸、ルミキシルペプチド、ホワイト377などの美白成分を含んだクリームやジェルが用いられており、特にハイドロキノンとトレチノイン酸の併用やホワイト377は美白効果が非常に高いとされています。
ハイドロキノンは、イチゴ類やコーヒー、紅茶、細菌類、海洋生物種の副産物などに天然に存在する成分であり、シミや黒ずみの元となるメラニンの合成を阻害とメラノサイトを活性化するチロシナーゼ酵素の抑制を同時に行い、既存のメラニンを還元し除去する働きで、現在と未来のシミや黒ずみを取り除きます。
ハイドロキノンのシミや黒ずみの予防抑制と還元美白効果は、代表的な美白成分であるビタミンC誘導体やアルブチンやコウジ酸の10倍~100倍とされています。
ハイドロキノンは、シミ治療の方法としては効果的ですが、細胞に対する毒性が強い為にアレルギー反応を起こし易く、長期使用による不可逆的白斑を引き起こす事もあります。
又、高濃度のハイドロキノンは、発ガン性が指摘されています。